セルフカットにはコツがあった!犬が嫌がらないでバリカンを使わせてくれるための5つのポイント

毛が長い犬の場合は、定期的にカットをしなければなりません。

しかし定期的にカットをすると費用もかかるため、できれば自分でカットしてあげたいと考える方も多いのではないでしょうか。

バリカンを使えば、自分でも簡単にカットをすることができるのでおすすめです。

犬用のバリカンを使うことが大切

犬の毛をカットする際は、犬用のバリカンを使うのがおすすめです。

人間用のバリカンは、あくまでも人間の頭や髪に合わせて作られているからです。

犬の毛は人間の毛よりも細くて縮れていることもあるため、人間用のバリカンを使うと絡まってしまうことがあり危険です。

毛が絡まると痛みを感じるため、それがトラウマとなってバリカンを嫌がる子も少なくありません。

また皮膚トラブルが起こりやすいという問題点もあります。

犬用のバリカンは犬の身体にフィットするようにカーブがかかっているため、皮膚トラブルを起こす心配が少ないです。

音の違いもあります。

人間用のバリカンは音が大きいですが、犬用のバリカンは音が抑えられているため犬の耳元にバリカンを当てても安心です。

[プロ用のバリカンを使う]犬用のバリカンには、プロ用と一般用があります。

一般用でも犬用のバリカンは音が静かで使いやすいですが、やはり双方では刃の素材や切れ味が違います。

パワーがあるため、犬にかかる負担も軽減できるのです。

そのため価格は一般用のバリカンよりも高額になりますが、なるべくプロ用のバリカンを購入したほうが良いです。

パワーがあるバリカンのほうが、バリカンの寿命もアップします。

コスパが高いため、初期投資が高くても満足できるでしょう。

また振動や音も多少違います。

プロ用のバリカンは一般用よりもさらに音が静かなので、犬も飼い主も快適でしょう。

身体のパーツに合った刃を使う

全身の毛をカットする場合は、全身用のバリカンを使うことが大事です。

カットのスピードや快適性が違うからです。

その上で、刃の長さを決めましょう。

基本的には背中などの面積が広い部分は、3mmや6mm、9mmの長さが理想的です。

季節によって刃の長さを変えると良いでしょう。

ただしいくら短くても、3mmまでにしておいたほうが良いです。

1mmにすると、皮膚トラブルになりやすくなるからです。

バリカンに慣れていない子は長めのカットから挑戦することをおすすめします。

逆に汚れやすいお尻周りや足裏は、1mmの長さでカットすると快適性が高まります。

コードレスのバリカンを使う

コード付きのバリカンはパワーがあります。

しかしカットに不慣れな方にはあまりおすすめしません。

犬の毛をカットする際は、様々な角度からカットをしなければならないからです。

コードがあると、コードが邪魔になってスムーズに毛がカットできない可能性があります。

コードレスのバリカンなら、様々な角度からカットできます。

犬の身体にコードが巻き付く心配もありません。

ただししっかり充電をしておかないと、すぐにパワー不足になります。

そのためカットを始める前に、十分に充電をしておくことが大切です。

刃が熱くなるバリカンは使わない

バリカンを長時間使っていると、刃が熱くなることがあります。

中には使い始めて10分ほどで、刃が熱くなるバリカンもあります。

刃は犬の皮膚に直接当たるため、熱くなるとその刺激が犬にも伝わって危険です。

刃が熱いのを嫌がる犬もいるため、刃が熱くなりにくいバリカンを使いましょう。

稀に火傷をしてしまうケースもあるため、熱くなりやすいか否かは慎重に見際める必要があります。

バリカンのパッケージに熱くなりやすいか否かを記載していることもあるため、よく確認しましょう。

刃が熱くなりにくいと記載されていれば、安心感が高いです。

いくつかのバリカンを比較したサイトを参考にするのもおすすめです。

手入れがしやすいバリカンを選ぶ

手入れのしやすさは、犬の不快感に直接的に関係しないのでは?と考える方もいるでしょう。

しかしきちんと手入れがされていないバリカンは、切れ味が悪くなります。

切れ味が悪いと頻繁に毛が絡まるため、犬が痛い思いをしてしまうでしょう。

何度も手を止めて専用のオイルを足したり、刃の具合を確認したりしなければならないため、時間もかかります。

そのため、しっかりと手入れをして切れ味の良い状態をキープしておくことが大切なのです。

カットが終わったらすぐに手入れをしましょう。

刃が本体から取り外せたり洗えたりするのはもちろんのこと、毛やゴミが残りにくいか否かもよく確認しなければなりません。

手入れがしやすいか否かについても商品パッケージに記載されていることが多いため、しっかり確認しましょう。

犬用のバリカンの寿命は一般的に1年から2年と言われていますが、丁寧に手入れをすればそれ以上快適に使うことも可能です。

まとめ

飼い主が自ら愛犬のカットをしてあげる際は、犬用のバリカンを使うことが重要です。

その上でカットの最中に刃が熱くならないものや、スムーズに手を動かせるものなどを選びましょう。

最初に嫌な思いをしなければバリカンを嫌いになることはないため、最初が肝心です。

今回のまとめを参考にして、愛犬が嫌がらないバリカンを選んであげてくださいね。